前話の続きです



すでに支払いを済ませていた

ホテルに到着したら

今日は満室になってしまったので

このレターをもって

隣のホテルBを利用してと



ということから始まった

このトラブル




ホテルBは

デポジット用に渡した

クレジットカード情報から





翌日

勝手に宿泊費を

引き落としていました





私はもともと

当初宿泊予定のホテルAへ

宿泊費は清算済みだったので




このトラブルに関しては

ホテルAとホテルBで

処理されるべきものです




なので私は

ホテルBの宿泊費が

いくらだったのかも

聞いていないし


インボイスも

もらっておらず

つまり

無断で引き落とされたと

主張しても

良いぐらいの話です



ホテルBから

無断で引き落とされた

金額のレシートを

要求した翌日

連絡が来ました





ホテルAが私の客室料を

支払ったので

あなたには返金されますと





そりゃそうだ・・・!!

そもそもが

そういう話ですよねー??





ふざけすぎた

ホテルBの対応と態度に

むかつきながらも


これでこの件は

幕引きです





クレームをしなければ

勝手に引き落とされたお金は

だれも戻してくれなかった

ことでしょう





少し忘れていたけど




ここは

やっぱりアメリカだった




正しい主張は

その場で強く

しなければならなかったと




自分の瞬時の

判断力のなさにも

反省を覚えた旅

となりました



ブログランキングの応援お願いします!!
PVアクセスランキング にほんブログ 村

シカゴダウンタウン暮らし - にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ









アメリカのとある都市 二つのホテルからチャージされた件

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です